最短でご主人の不倫を突き止めます! - 離婚調停に臨むための準備

離婚調停に臨むための準備

このサイトでは、離婚調停に臨むための準備を紹介していきます。
知らなかったでは、済まされないこともあるので、よく読んでください。

離婚調停とはどんなものなのか、知らないまま、進んでいくとたいへんな目に遭います。
離婚調停とはどんなものなのか、このサイトでよく勉強して、知識を得てから離婚調停に臨みましょう。

離婚調停をスムーズに進めるためには、妥協も必要です。
片意地をはっていると、損をすることにもなりかねません。
特に、慰謝料は、裁判になると、少ない額しか取れないことが多くなります。
協議離婚や、離婚調停の段階で、自分の理想には届かなくても、慰謝料の額を減らしておけば、
相手も同意してくれるかもしれません。

不倫の証拠収集は、プロに任せたほうがいいでしょう。
自力で行うこともできますが、危険がいっぱいあります。
自力で行うことのメリット。デメリットも紹介しているので、参考にしてください。

離婚調停は、調停委員の印象も大事です。
事実と異なることを言われても、感情的にならないように、冷静に話しましょう。

このようなことが、各ブロックに分かれて書いてあります。
知っていて損はない話なので、目を通してみてください。
体験談も交えて書いてあるので、わかりやすいかと思います。

車を使って浮気相手を尾行をする場合

車を使って浮気相手を尾行をする場合を紹介します。
尾行する相手が車で行動をしているのであれば、尾行をするいは同じように車を利用して尾行をしなければいけないケースになりますが、かなり注意を払う必要があります。
例えば車が多い都会で車を利用した方法で尾行をする場合では、相手との車間距離が100~150メートルくらい離れておくのが一番ベストです。
郊外で車通りも少ない場所であれば尾行をする場合は目立たないように、300~500メートルくらい相手との車間距離をあけて付いて行くのがベストでしょう。
初歩的なことですが、2台3台と車を挟んで尾行をしますが、同じような色の車で見分けがつきにくい場合もあり見失うことがないようにします。
ナンバーや何か目印をしっかり覚えておくこともコツです。

まずは、目の前に信号が見えてきた時点で赤信号で引き離されるということがあるので、信号になる前に少し車間距離を縮めておくいようにします。
そして尾行の相手の車の直ぐ後ろに付いてしまったケースでは、かなり近くなるためにサイドミラーやルームミラー等をじっと見ないことが大切です。
また、目立つ様な行動や運転など、目の周りで急ブレーキや急発進などすると、目立って見られる可能性があります。

初めて車で尾行をするのであれば、必要以上の注意をしなければいけません。
尾行をする場合には最低でも2台でするほうが望ましいでしょう。
または小回りのきくバイクなどがあれば、尾行されていることが相手に分ってしまいそうになるときは、少し距離をあけて他の尾行者に替わってもらいながら、無線と電話で連絡を取りながら行動をします。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし

    更新情報